ELPH 研究会 C009
 「光生成反応によるハドロン間相互作用の研究の進展」

ご案内
参加登録
プログラム
参加者
アクセス
宿泊施設の案内
 
研究会世話人
  • 藤岡 宏之 (京大 物理)
  • 石川 貴嗣 (東北大 ELPH)
  • 慈道 大介 (首都大)
  • 鎌野 寛之 (阪大 RCNP)
  • 神田 浩樹 (東北大 物理)
  • 永廣 秀子 (奈良女子大)

東北大学 ELPH や SPring-8 の LEPS, LEPS2 では光子ビームを用いた 様々なハドロン生成反応に関する研究が行われている。 その目的の一つとしてハドロン間相互作用の理解が挙げられる。 一例を挙げると、光子ビームによるη'中間子生成反応を用いて η'中間子-核子間相互作用の情報を引き出 そうという実験提案が なされている。これは近年活発に議論されているη'中間子原子核 と密接に関連しており、束縛状態を直接探索する国内外の分光 実験と対をなすアプローチである。

本研究会では、これらの施設で新たに得られつつある実験データをもとにして、 ハドロン分光・反応の理解に不可欠なハドロン間相互作用を明らかにする。 ハドロン生成反応の手段としての光子ビームとハドロンビームは 相補的な関係にあるので、多方面からの話題提供も歓迎する。 講演・議論を通して、今後の研究に対する指針について検討を進める機会としたい。

テーマ:

  • 中間子生成反応、中間子原子核
  • ハドロン分光・構造
  • ハドロン間相互作用
(光生成反応でなくても差し支えありません。)

なお、研究会での講演は日本語を想定していますが、 講演者は英語でスライドを準備するようにお願いします。



開催日時: 11月04日(火)、11月05日(水)、05 日は 17:00 までには終了する予定
開催場所: 東北大学電子光理学研究センター 研究棟 三神峯ホール

講演申込の締め切り: 10 月 03 日 (金)
参加登録の締め切り (弁当&懇親会): 10 月 27 日 (月)

[阪大 RCNP のページ] [東北大 ELPH のページ]