ELPH 研究会 C010
 「素粒子・原子核実験における全吸収型カロリメーターの実例と応用」

ご案内
参加登録
プログラム
参加者
アクセス
宿泊施設の案内
 
問い合わせ
 
研究会世話人
  • 宮林 謙吉 (奈良女子大)
  • 石川 貴嗣 (東北大 ELPH)
  • 中村 勇 (KEK 素核研)
  • 東城 順治 (九州大)

高度化B ファクトリー実験(Belle II 実験)のCsI(Tl) 電磁カロリメーターでは 読み出しエレクトロニクスを一新してSuperKEKB 加速器がもたらす最大 8x1035cm-1s-1 におよぶ高ルミノシティに備える工事が進行中である一方、 東北大学電子光理学研究センターのグループが中心になってSPring-8 加速器 のLEPS2 ビームラインに建設したBGO-egg 検出器のコミッショニングも開始 されている。さらにはJ-PARC ハドロンホールで純CsI カロリメーターを採用 したKOTO 実験がデータ収集を進める傍らでμ-e 転換を探索するCOMET 実験や、高エネルギー宇宙線の大気との相互作用を 理解するのに不可欠なLHC 加速器での超前方散乱データを収集するLHCf 実験でGSO カロリメーターを開発するなど、無機結晶シンチレーターを用いた 全吸収型カロリメーターの様々な実験での応用例が出そろってきた。この機に 多様な全吸収型カロリメーターの設計・建設・運転・較正といった重要項目 について情報とアイデアを交換し、次世代実験への技術的動向を描きだす議論 の場をもうけることができれば非常に意義深い。

講演予定者 (敬称略、確定済のみ):
  • 浜松ホトニクス固体事業部 袴田康男
  • 浜松ホトニクス電子管事業部 神谷昭文
  • 東北大学金属材料研究所 鎌田圭
  • 名古屋大学太陽地球環境研究所 さこ隆志
  • 大阪大学理学研究科 佐藤和史
  • 奈良女子大学 宮林謙吉
  • 東北大学電子光理学研究センター 石川貴嗣
  • 理研仁科センター 大津秀暁
  • 九州大学 大石航

なお、研究会での講演は日本語を想定していますが、 講演者は英語でスライドを準備するようにお願いします。



開催日時: 3月09日(月)、3月10日(火)、 09 日は 13:00 開始予定、10 日は 16:30 までには終了する予定
開催場所: 東北大学電子光理学研究センター 研究棟 三神峯ホール

講演申込の締め切り: 2 月 16 日 (月)
参加登録の締め切り (弁当&懇親会): 3 月 4 日 (水)

研究会世話人を問い合わせはフォームに入力して送信してください。

[阪大 RCNP のページ] [東北大 ELPH のページ]